More Useful Blog

看護師としての学びを伝えます。皆様に役立つことを目指します。副業を学び、得た知識と方法を提供します。

臨床の経験、子育てで培ってきたものを書いています。

キャッシュレス時代の到来。還元率が高い方法を探す。

f:id:nozomi0224:20191006141308p:image

 

消費税10%の時代が来た。

それと並行してキャッシュレスのポイント還元のサービスが非常に勧められている。

 

これはキャッシュレス還元のあるお店で、それに順じた支払いをすることで還元サービスが受けられるというものだ。

サービスが提供されるお店はマックや大手スーパーなど、現在は一部の店に留まっているが、今後拡大することは間違いない。

 

なぜ、キャッシュレスが推奨されているのか?

 

お店側は支払いの受け取りが楽。

払う側も支払いが楽。

 

外国人などの観光客もキャッシュレスで支払えると楽(換金不要、荷物が増えない)

→また日本に観光に来たいと思う→観光客増える。

 

先進国はキャッシュレス化が進んでいる。

キャッシュレスが遅れている日本としては後れを取り戻したい考えている。

 

キャッシュレス化は脱税防止になる。

 

と様々なメリットと思惑があると私は考えている。

日本には根深い現金信仰がある。現金が一番安全であり、信用があると考えている人が非常に多いのだ。

 

もちろん現金は安心という気持ちを否定することはできない。

現金は信用があると私も同意する。

 

しかし、一つだけ覚えておいて欲しいことがある。

キャッシュレスは現金の代わりではなく、現金では出来なかったことをを可能にするシステムということだ。

 

キャッシュレスのメリットは

①ATM、銀行での引き落としの手間がない

②小銭、札を持ち歩く必要がない

③払う側、受け取る側の手間が少なくなる

④還元率が高い方法を選べば非常にお得

 

ということだ。

 

お金が少なくなったら現金を引き出し、毎回レジで小銭を出し、お金を持ち歩くというのは手間ではないだろうか?

 

正直、キャッシュレス化を行ってから非常に私は楽になった。

小さな買い物であればSuicaで支払い、スムーズにレジを通過できるのだ。

今後はデビットカードを作り、更に楽にしていきたいと思っている。

 

もちろんいくらかは現金は持ち歩いているが、使う頻度はかなり減ったので、ATMに行く機会が減ったのもありがたいことである。

 

では、どういった方法で支払えばよいのだろうか?

 

一つは交通系ICカードでお金を貯めて普段使うことだ。

この方法でお勧めなのは、オートチャージ機能付きのICカードにして、普段から多めにチャージしておくことだ。JREカードなどは改札でオートチャージされた分はポイントがつく。毎回自分でお金を入れるというのは非常に時間がもったいない。

また、オートチャージなら改札で止まることもなくなるので、一石二鳥である。

交通系ICカードは小さな金額のものを使い、大きな買い物はクレジットカードを使うというのが安心かもしれない。

 

もう一つはデビットカードを使うことだ。

デビットカードはその場で口座から引き落としになるため、現金残りがいくらかというのがすぐにわかる。また、還元率の高いデビットカードが増えているため、サービスをうに受けられるのも大きなポイントだ。

 

最後の方法はpaypayなどの携帯での支払いサービスを使うことだ。

正直、このサービスが一番還元率が高い。

店によっては2~5%の還元が受けられるという破格のものになっている。

携帯アプリの支払いが推奨される理由の一つは、店側の事情にある。

 

クレジットカードの支払いは店側が器械の導入にお金をかけなくてはならない。

他にもクレジットカードはお店が手数料を払わなくてはいけないという制約があるのだ。

 

しかし、paypayなどの携帯支払いのサービスはQRコードを読み込むだけなので、器械導入にお金がかからなければ、手数料もいらない。

お店も負担がかからず万々歳というわけだ。

 

国やお店が負担を減らしていけるキャッシュレスというあり方は非常に理にかなっている。ポイント還元も受けられ使用者にとっても悪いことはない。

最初は抵抗があるかもしれないが、キャッシュレス時代の波にのることであなたも得をして欲しいと思う。

 

毎日更新行います。 よければ読者登録お願いします!