More Useful Blog

看護師としての学びを伝えます。皆様に役立つことを目指します。副業を学び、得た知識と方法を提供します。

臨床の経験、子育てで培ってきたものを書いています。

人に「任せる」は戦略的にやる

f:id:nozomi0224:20190617131704j:image

 

人に任せるというのは難しい。

自分でやった方が早い、任せるのは不安といった意見はよく聞かれる。

 

しかし、任せられる方が良いことを私たちは知っているはずだ。

 

人に任せるメリットは

①より重要な仕事をこなせるようになる

②任せられた方は承認欲求が満たされる

③任せる仕事と人の分別ができるようになる

 

この3つが挙げられるだろう。

 

①は言わずもがな。

人に仕事を振ることで自分はより重要な仕事を行える。業務を見直すと意外と雑務は多いものだ。自分がやる必要がない仕事はどんどん人に振っていこう。

 

②は任せ方が非常に重要になる。

人に任せることは相手を承認することになる。この仕事を貴方はこなせると信じています、というメッセージを届けるのだ。もちろん相手に任せる時には、相手を信頼して任せないと意味がない。

自分が思っている以上に表情や態度を相手は良く見ている。

信頼して仕事を任せると完成度はまるで違ってくることを覚えておいて欲しい。

 

③ができていない人を良く見かける。

仕事を任せる際に、この人ならここまでできるという判断をしなくてはならない。

しかし、なぜか仕事を丸投げして説明して終わる人が多い。大抵そうした人は仕事の完成度をみて憤慨するのだ。

任せる仕事の分別をするためには、普段から人を良く見ておく必要がある。

なぜ任せられるのか、予定ではどれくらいの完成度で仕事が返ってくるのか、を言語化できなければならない。

また、仕事はすべて任せる必要はないのだ。半分まで託して残りはやるといったこともできるはずだ。

仕事を任せる人はいないと良く言う人は、任せる側の問題も大きいと思う。

 

任せることを戦略的にやっているか?

人の分別は?

仕事の内容を細分化しているか?

使っていい資源を伝えているか?

期限を伝えているだろうか?

任せる相手に最低限守って欲しいルールを伝えているか?

 

ただ任せるだけは誰のメリットにもならない。任せるは戦略的にやろう。

 

最後に任せた後に絶対に守って欲しいルールがある。

自分から途中の口出しを絶対にしないことだ。これを守れないと相手のモチベーションは急降下する。

相手から助言を求めてきた場合を除いて、絶対に口出しはやめよう。

任せるは自分の忍耐力も試される。

毎日更新行います。 よければ読者登録お願いします!