More Useful Blog

看護師としての学びを伝えます。皆様に役立つことを目指します。副業を学び、得た知識と方法を提供します。

臨床の経験、子育てで培ってきたものを書いています。

思考の贅肉からの解放

思考は移ろいやすい。時間を超えて様々なところに行ってしまう。

過去の後悔と反省をしていたかと思えば、未来が急に不安になったりする。

そうした思考は気分をつくりだす。慢性的な気分はやがて感情を形成する。感情は習慣になり人格を作っていく。

 

感情の奴隷になるかはその人次第だろう。

大切なのは移ろう思考や感情にどれだけの影響を受けているか気づくことだ

影響を受けていると自分のエネルギーを無駄に消費してしまうことを知るべきだ。

 

無駄なエネルギーというのはやっかいだ。昔を思い出してイライラする。家族の言葉に悲しくなった。

合わない上司との関係を悩む。

行きたくない飲み会に誘われて頭を抱える。

何とも無駄な思考や感情に囚われていることに気づくべきだ。

 

私は無駄な思考を「思考の贅肉」と呼んでいる。

思考の贅肉は重い。減らし方を知らないと重いことにも気づかないからやっかいだ。

 

では、どのように思考を変えていくべきだろうか?

私が実践している方法は感覚に集中することだ。

歩く時には地面を踏む、足が上がる。筋肉が動くといった感覚に集中する。

ゴミを捨てる時にはゴミの重さや筋肉の動きに集中するのだ。

私も思考に囚われやすいので、すぐに感覚が抜けてしまう。思考に囚われたらすぐに感覚に戻すようにしている。

 

感覚に集中するメリットは多大にある。

その中でも一番は「今」に集中できることだろう。

私たちが生きているのは「今」だ。

過去や未来ではない。

「今」にエネルギーを集中することで私たちらしく生きることができるのだ。

 

最初は思考を手放すことに不安を覚えるかもしれない。

不思議なことに、感覚に集中するようになると思考がクリアになる。

無駄な思考を手放すことで、「今」すべき思考がわかるようになるのだ。

 

自然と今すべき思考がわかるようになるど非常に楽になる。煩わしい人間関係やコミュニケーションから解放される。

無駄な習慣も手放せるようになるのだ。

思考の贅肉を手放すと、習慣の贅肉もなくなる。

 

見えない贅肉はやっかいだが、一度気づいてしまえば、皮下脂肪より落としやすいかもしれない。

無駄なエネルギー消費をやめ、今すべきことに集中してほしい。

そうすればより良い人生を生きれるはずだ。

毎日更新行います。 よければ読者登録お願いします!