More Useful Blog

看護師としての学びを伝えます。皆様に役立つことを目指します。副業を学び、得た知識と方法を提供します。

臨床の経験、子育てで培ってきたものを書いています。

「わかった」は危険な言葉?

上司から指示を受けて仕事をする際に、とても危険な言葉がある。

それが「わかった」だ。

 

わかりました、と言葉にするのは非常に簡単だ。しかし、相手は本当にわかっているだろうか?

 

相手が本当にわかっているかを確認する方法がある。

それは適切なタイミングと間、こちらをしっかりと見ながら「わかった」と返事をした場合は必ずわかっている。

 

被せ気味の返事、視線が泳ぎながらの返事は全くわかっていない。

その場合は相手に復唱させて確認すると良いだろう。

 

その他にも危険な「わかった」がある。

①頭で理解しただけで「わかった」

②一度できて「わかった」

③真剣に取り組まず「わかった」

 

「わかった」は人に教えられるようになって初めて使える言葉だ。

簡単に「わかった」を使って、いざできないと信用もなくなる。

真剣に取り組み、相手に教えられるレベルまで昇華していこう。

毎日更新行います。 よければ読者登録お願いします!