More Useful Blog

看護師としての学びを伝えます。皆様に役立つことを目指します。副業を学び、得た知識と方法を提供します。

臨床の経験、子育てで培ってきたものを書いています。

アルコールとカフェイン

目覚めは一日の気分を左右すると言っても過言ではない。二日酔いで目覚めたら何とも気分は重いだろう。

 

アルコールは睡眠の質を下げる。

適量のアルコールは健康に良いというデータもあるが、睡眠の観点から見るとアルコールはやめた方がいい。

アルコールがないと眠れないというのは危険なサインだ。アルコール依存の可能性もある。アルコールをどうしても飲みたい場合は、睡眠の4時間前に飲むと良いだろ。

 

カフェインは様々なデータがある。

3-4時間で代謝されるという意見、半減期が5時間ほどという意見だ。

個人的には14時くらいでカフェイン摂取は控えた方が睡眠の影響は少ないように思う。

覚醒直後のカフェインも控えた方が良い。脳を覚醒させるコルチゾールの働きを阻害して、カフェインの依存性をつくるという意見がある。

空腹のままカフェインの摂取も勧められない。胃酸分泌を促し、胃潰瘍のリスクが高まるからだ。

 

7時くらいに目覚め、朝の9時を過ぎた頃にコーヒーを飲むのが健康的だろう。

一日何杯まで飲んでいいかは個人差があるので、少しずつ試して欲しい。

 

嗜好品としてアルコールもカフェインも良いものだ。私たちの生活を豊かにしてくれる。あとは私たちの使い方次第だ。

良い共存ができることを願いたい。

毎日更新行います。 よければ読者登録お願いします!