More Useful Blog

看護師としての学びを伝えます。皆様に役立つことを目指します。副業を学び、得た知識と方法を提供します。

臨床の経験、子育てで培ってきたものを書いています。

会社の会話は指示と禁止がほとんど?

やや極端な話だが、会社の会話は指示と禁止がほとんどだ。

上司から指示をもらう。後輩に指示する。

「あれをやるな。これをやれ!」

「指示どおりにやれ!」

といった具合だ。

これに謝罪を入れたら、会社の会話の8割は完成だろう。

 

指示と禁止の会話と聞いて、ピンとくるものがある。

これは子育てでしがちな会話と同じなのだ。

「あれしなさい。それはだめ」

極め付けは「言うことを聞きなさい!」だ。

言葉の形は違うだけで、子育ても会社も内容は似たようなものだ。

会社の中で建設的な意見が多いと感じるなら、それは大変素晴らしい。

ぜひ続けて欲しいと思う。

 

指示と禁止の多さに気づき、変化を望むのなら、やることは一つだ。

 

「自分の意見を持ち、発信する」

 

当たり前の意見だがこれが難しい。

なぜなら意見を発信すると反対意見が出るからだ。反対意見を受け入れるかは、自己肯定感の強さによるだろう。

 

反対意見が嫌で意見しない。という場合は注意が必要だ。それは自己肯定感が低く、自分が人間関係の犠牲になっている可能性が高い。

意見があるのに意見しないは、つらくないだろうか?

意見は現状を良くする人間の知恵だ。

 

意見を積極的にできるようになると、非常に気持ちいい。自己肯定感も高まり、自分を我慢しなくてすむからだ。

指示と禁止の中から脱し、意見を述べていこう。

 

毎日更新行います。 よければ読者登録お願いします!