More Useful Blog

看護師としての学びを伝えます。皆様に役立つことを目指します。副業を学び、得た知識と方法を提供します。

臨床の経験、子育てで培ってきたものを書いています。

育児を経験し、10の学び(父親視点

出産後、里帰りせずに自宅で妻と2人で子育てを行なった。試行錯誤の日々。11ヶ月経って学んだことを男性視点で伝えていきたい。

 

育児の学び

①うまくいかないことは当たり前で正解はない。

②育児を「手伝う」というスタンスはNG。育児を一緒にやるという立場で!

③産後の母親は傷の痛み、ホルモンバランスの崩れ、授乳や子育てがうまくいかないイラつき、不眠、孤独、不安などあらゆるものを抱えている。理解し、話を聞く態度が非常に大切になる。

④母親を赤ちゃんから離す時間をつくる。散歩させたり、髪を切りにいかせたりと時間をうまくつくろう。可能なら夜を別部屋で寝かせる日をつくる(完全母乳の場合は難しいかも)

⑤妻<母親になる。役割が変わり家族関係にも変化が起こる。産前と同じ関わりを期待して妻をイライラさせないようにしよう。

⑥里帰りしてから自宅に来る場合は注意。実家ほど手厚いフォローができない可能性が高い。里帰り中にも子育てに関わり、自宅でも円滑にフォローできるように!

⑦家事の分担とやり方を見直す。子育ての負担はとにかく大きい。父親の家事分担を増やそう。

⑧沐浴、ミルク、着替え、オムツ交換、げっぷさせ方、抱っこは可能な限りすぐに習得しよう。

⑨赤ちゃん睡眠トレーニングがとにかく大事。昼夜のリズムをしっかりつけさせる。個人差はあるが自力で眠る力をつけさせると後が非常に非常に楽。

⑩父親も赤ちゃんと関わる時間を増やすとよく笑ってくれるようになる。愛着形成には父親も非常に大切になる。笑ってくれると赤ちゃんが可愛いと思える気持ちが強くなる。最初は泣いてばかりだが二ヶ月目くらいから笑ってくれる。泣いているから失敗という訳ではない。泣くことが赤ちゃんの仕事なのだ。

よく泣く赤ちゃんを褒めてあげよう。

毎日更新行います。 よければ読者登録お願いします!