More Useful Blog

看護師としての学びを伝えます。皆様に役立つことを目指します。副業を学び、得た知識と方法を提供します。

臨床の経験、子育てで培ってきたものを書いています。

優位感覚を知ると物事の理解が容易になる

f:id:nozomi0224:20190704211619p:image

 

どの感覚を通して出来事を理解しているか。その傾向を優位感覚という。

優位感覚は聴覚、触覚、視覚、言語感覚の4つに大別される。

 

人間には効き感覚があり、その人によってどの感覚が理解しやすいかは異なる。

 

覚えはないだろうか?

聴いただけで覚える人。

書いて覚えるのが得意な人。

声を出して覚える人。

 

人によって優位な感覚は違うのだ。

 

聴覚は聴くことで理解し、言葉に反応する。

聴覚優位な人は静けさや心地良い音がする場所が良いだろう。環境調整が最も大事な感覚ではないだろうか?

 

触覚は触って、いじって覚える。身体を動かすとよく覚える。

歩きながら覚えるのも良いかもしれない。私の友人は指をトントンさせながら覚えていた。

時折、リズムを変えており、触覚を上手く使って覚えていた。

 

視覚は図やイラスト。

書面が良いだろう。

わかりやすいイラストにするのがベターだ。

 

言語感覚は頭の中で考えたり、言葉の意味が通るかどうか。文章や発表で覚える。

声に出して覚えるのは言語優位だ。

 

この大別で自分は何が一番覚えるかがわかる。

子がいる人は、ぜひ子供の理解の手助けに役立ててほしい。

毎日更新行います。 よければ読者登録お願いします!