More Useful Blog

看護師としての学びを伝えます。皆様に役立つことを目指します。副業を学び、得た知識と方法を提供します。

臨床の経験、子育てで培ってきたものを書いています。

訪問看護は丁寧に意向に沿って仕事をしても、違う人に変わって欲しいと言われる。厳しいけども当たり前の声

f:id:nozomi0224:20191016065129j:image

 

ここ最近私が訪問看護の仕事をして、実感することである。

はじめて人を変わって欲しいと言われた時には、立ち直るまで三日間かかった。

 

あの人は態度がよくないから、変わって欲しいと先輩伝手に言われたのだ。

 

それはもう本当に凹んだ。

病院では看護師を変わって欲しいと言われることは滅多にない。

私も言われたことはないし、知り合いも言われたというセリフは聞いたことがない。

それは病院という環境で、患者が我慢しているからに他ならないだろう。

 

しかし、訪問看護は利用者の家に赴いてサービスを行うものだ。

サービスの内容や人に不満があれば、変更を申し出るのも当たり前の話だ。

 

提供するサービスに差がなかったとしても、人には「合う」「合わない」がもちろんある。

あの人は何となく嫌だから、違う人に変わって欲しい。そう言われることもあるのだ。

 

正直、これに対応するにはどうしたらいいかわからない。

現時点では自分に不備がなかったかを振り返ることしかできていない。

 

出来る範囲でベストを尽くしてサービスを行うことはもちろんで、

それ以外には態度が悪くなかったか?

どういう言い方や説明の方法があっただろうか?

 

と常に考えるようにしている。

 

利用者にも他にどういうことをしてほしいか?何を望んでいるかということは聞き、

それをサービスに活かすよう心掛けている。

 

病院(病棟)勤務の時には日常業務に追われ、こうした振り返りを行うことは少なかっ

たが今では意識的に行うようになった。とてもいい傾向であり、訪問看護という分野に

は感謝の念が堪えない。

 

丁寧に相手の意向を確認する。

そしてベストを尽くす。

 

今の私にできる最大限の仕事を常に心がけていきたいと思う。

もしも、訪問看護の仕事に従事する看護師がこのブログを見ていたら、意見を聞かせて欲しい。

 

病院(病棟)勤務の看護師給与は夜勤に依存している。だからこそ副業を勧めたい

f:id:nozomi0224:20191014162006j:image

 

病棟で働いている看護師の夜勤の負担はやはり大きい。

最近では夜勤短縮の動きも盛んにみられており、12時間夜勤の病院も増えていると話を聞く。

 

病棟看護師の働き方として、日勤、準夜勤、深夜勤の3交代制。

             日勤、夜勤(準深夜セット)の2交代制がある。

 

3交代制だと8時間交代になるのでやや負担は少ないが、準夜勤の次の日が休みになる

ことが多いので、休日の開始が辛い。

 

日勤、深夜、準夜、休みというシフトがあったとしよう。

昼間9~17時まで働き一度家に帰る。

次の日の夜1時~朝9時まで深夜勤をする。

次の日の昼13~夜1時まで準夜勤をする。

 

そして夜1時から休日がはじまるのだ。

もはや夜更かし確定で次の日は圧倒的に眠い。ややわかりにくいが3交代制の現状である。

 

2交代制はもっとシンプルだ。昼働くか夜働くかの2択だ。

夜勤は夕方17時から朝の9時まで16時間ほど働く。

 

2交代制のいいところは夜勤の次の日は基本的に(ここ大事)休みになるところだ。

(人が足りなくなると夜勤夜勤日勤という謎のシフトが起こる。いつ休む?)

 

夜勤は辛いがメリットももちろんある。それはお金が貰えることだ。

夜勤の手当ては病院次第で、かなり幅があるが1~3万くらいでる。

大卒の基本給が23万前後として、5回夜勤入れば30万越え。

超勤手当も足せば33万くらいは稼いでいるのだろう。

 

さて、ここで問題である。夜勤に入らないと看護師の給与はどうなるだろう?

 

 

答えは劇的に下がるだ。

 

年収で100万は下がり、月にはいる給料は手取りで20万円ほどになる。

夜勤をこなしある程度の給料をもらっているとリッチな生活に慣れているひとが多い。

そうなると、生活水準が下げられないのだ。

 

「生活の質を落としたくないから夜勤から抜けられない」と耳にタコができるほど聞い

た。

年を重ねれば重ねるほど夜勤は辛くなる。休憩時間がない夜勤もざらにあるのだ。

 

看護師の転職する時もみな給与を気にする。

そして夜勤地獄に再びはまるのだ。

 

だからこそ私は看護師こそ副業を勧めたい。

休日にインターネットビジネスなどを行い、夜勤をしなくても収入を確保できるシステ

ムをつくるべきだろう。

 

私は訪問看護師になり年収が100万ほど下がった。

無駄をかなり省き、生活は維持できている。

副業を開始したが結果はまだまだである。そこで得たノウハウをブログに乗せていきたいと思うので、質問があれば寄せて欲しいと思う。

 

 

訪問看護師と病院看護師の明確な違い

f:id:nozomi0224:20191013185527j:image

 

訪問看護師としての情報発信の第一弾として、病棟看護師との明確な違いを書いていきたいと思います。

 

病棟看護師は病院という看護師にとってホームの環境で働いています。

つまり病院という環境に患者がお邪魔することになります。

(患者さんや患者様という敬称に違和感を覚えるので、私はこの表記にさせて頂きます)

 

もちろん病院のルールに則って、患者には生活してもらうことになります。

 

例えば検温、内服、処置などは病院の規則に基本的には従ってもらうことになります。

つまり医療者の方が上になりやすいということなのです。

 

これは基本的にはあまりいいことではありませんが、病院という環境が後押しさせるのか、患者は抑圧された環境で生活することになります。

看護師や医師は患者と平等なはずなのですが、実際の現場では「世話をする者」と「される者」という図式が成り立ちがちです。

患者は医療者に対して気を遣うので、非常にクレームは出にくいのです。

 

私も病棟で働いている時に、処置や説明で患者から文句を言われたことはほとんどありません。おそらく内心では言いたいことは山程あったでしょうが、やはり病院という環境が言わせにくくしていたのでしょう。

恥ずかしい話ですが、病院で働いているときには気づくことができませんでした。

 

しかし、訪問看護はまったく違います。

 

主体は利用者であり、看護師はお邪魔する立場にあります

 

これを実感すると、病院で培ってきた態度と方法ではまったく通じないことに気づきます。

 

私も痛感しましたが、よかれと思ってやろうとした処置が拒否されることが多いです。

処置に伴う痛みが強いと利用者が感じればクレームも出ます(最低限の痛みでもです)。

点滴の針が入らなければ怒られます(どんなに点滴留置が難しい方でもです)

 

こうしたことは病院で行えば患者はぐっとこらえるでしょうが、在宅では利用者はこらえません。

それはそうです。在宅では利用者が主なのですから。

だからこそ丁寧な説明、必要な時には心からの謝罪がかかせません。

 

利用者の話をよく聞き、提案という形で意見を話していきます。

提案が採用されるかは、利用者や家族が決めることです。

 

時間をかけて信頼を培っていかなくてはなりません。

これで良かったのか本当にわからないまま日々が過ぎていきます

在宅看護は本当に心の在り方が問われる仕事だと私は思っています。

今後のブログの方向性を考えました

更新期間が開いてしまいました。

 

アクセスしていただける皆様には本当に感謝しております。

 

今後のブログの方向性について書きたいと思います。

 

今後のブログで書くこととして

訪問看護師として学んだことや情報発信(看護師向けをイメージ)

②副業を開始しようと思っていますので、その経過や進行状況、学びなど。皆様にフィードバックしていきます。

③本やよかった商品の紹介、食事処の紹介

 

を行っていきたいと思います。

 

ブログの方向性について悩んでいましたが、自分なりに考え、結論を出したことを書かせて頂きました。

普段から読んでいただいている皆様、本当にありがとうございます。

今後も少しでも役立てるよう努力していきます。

 

よろしくお願いします。

 

 

↓以下は紹介です。

 

起業家なら知っておきたい新常識
https://cml-premiere.biz/lp/31481/1040185/

 


====================
キャンペーン内容

個人起業家のための『逆転集客』デュアルブランド

=============================
トップ1%の成功者が10年の歳月を
かけて創り上げた、お金をもらいながら
成功ルートを最短で走る
究極のロードマップを限定公開

「デュアルブランドコンサルタント」の
 小田 純也さん が

影響力も実績もない個人起業家のための
『逆転集客』の秘密を公開します!
=============================


デュアルブランディングという
全く新しい手法で

1~3ヶ月という短期間でビジネスを飛躍的に伸ばし、
最短最速で成功へ導く


最短最速で成功しているTOP3%しか知らない
メソッドを公開します。


オンライン動画プログラムだけでなく
今回の『逆転集客』をより理解して
もらうために新電子書籍


「個人起業家のための『逆転集客』」も登録特典としてプレゼントします。


■このメソッドを使ったことで
わずか1ヶ月以内に90万円を売り上げた
ライバル不在の最新差別化戦略

■自分の強みを最大限生かしながら
15~60万の高額商品にしていく
具体的な方法とは!?

■一生懸命、自己投資をしていても成果が出ていなかった方が
次々と集客や受注に成功していっている秘密!

こちらの情報を公開していきます。


あまたある起業塾やビジネスでは
結果が出る人が10%程度と言われている中


小田さんの受講生さんは7割以上が受講期間内に最低でも100万円以上
売上を出している非常に再現性の高いものと
なっております。


小田さんは非常に誠実な方で
受講生さんの質問には24時間以内に
返信するなどサポートが手厚く

受講生さんからの定評もあります。

 

Quora

f:id:nozomi0224:20191006132956p:image

 

私が尊敬している樺沢紫苑先生がQuoraというアプリが面白いと話していたので、はじめてみました。

 

Quoraとはコミュニティの中で質問をし、それに答えるというサービスです。

私は看護師なので、それに関連した質問に答えるという形で、何とか貢献できればと思いやっています。

 

様々な質問があり、色んな角度からの答えがでるので、他の人の答えを見るのも非常に勉強になります。

かなり濃密な答えが多いので、答える側も真剣に取り組む必要があります。

またリクエストという形で、質問を寄せられることがあるので、答える側も非常にやりがいを感じると思います。

 

自分の考えをアウトプットするという意味でも非常に面白いサービスです。

もちろん、質問に答えないという選択もできます。

 

知識と蓄えるだけではなく、誰かの貢献のために使える面白いサービスなので、ぜひやってみてください。

 

毎日更新行います。 よければ読者登録お願いします!