More Useful Blog

More Useful(より役立つ)ブログです。モットーは役立つ、より生産性を高く。

臨床の経験、子育てで培ってきたものを書いています。

RIO GRANDE GRILL イクスピアリ。コスパ最強のシュラスコ!

f:id:nozomi0224:20190922104440j:image

 

昨日、妻の誕生日ランチとして食べに行ったが、端的に言って最高のごはんであった。

 

肉の種類多い!うまい!

 

本当に最高でした。

 

自分が食べたのは7~8種類でした。

ソーセージ、イチボ、ガーリックステーキ、ハラミ、骨付き肉、イベリコ豚

を食べましたが、、

 

どれもうまい!!!

 

脂がのってて、どれも味付けがしっかりしている。

2種類あったソースもさっぱりとして、手が進みます。

 

サラダバーはセットについていて、ドリンクバーは300円ほどで飲めるのでお得です。

 

トータルで一人3500円かからないくらいで食べられました。

1歳の娘はパンやスープを一緒に食べて、非常にご満悦でした。

家族連れで行っても、固まり肉を見たりできて、非常に楽しいです!

 

コスパ最高です!

お勧めなので機会があればぜひ!

30%いい気分で幸せを感じられる

f:id:nozomi0224:20190922102107j:image

 

いい気分を持続していると、幸運なことが舞い込んでくることが多いと私は思っている。

引き寄せの法則なのだろうと思っている。

ここで一つ考えることがあり、いい気分を持続することが中々難しいのだ。

 

 

私が考えるいい気分が持続するのが難しい理由は3つ。

 

① いい気分を持続しようとすると力みになり、いい気分が持続しない。

 

② いい気分は外的な要因(人、会話、天気など)の影響を受けやすい。

 

③ 色んな考えや不安が浮かび上がってくる。

 

いずれも意識すれば変えられるようなものであるが、気づいたら巻き込まれているから少々厄介ではある。

 

これの対処として、私が普段実践している方法を紹介していきたいと思う。

それが「30%いい気分」だ。

 

なぜ30%なのか? 70%は悪い気分なのか?

という突っ込みを入れた人はごもっともなご意見である。

 

 

まず、なぜ30%なのか?という問いに答えたいと思う。

 

 

ずばり、私にとって一番楽で、力みなくいい気分を持続させるのに、30%がちょうどいいからだ。なので、あなたにとって40%がちょうどよければ、40%にして欲しいと思う。

私は40~50%だと力が入ってしまい、無理が生じるので、無理なく続けられるように30%としているのだ。30%だと本当に気楽にできるので私にはありがたい。

 

30%いい気分だと、風を感じて気持ち良かったり、ごはんが美味しくて幸せを感じたり、今日の仕事がひと段落して幸せ。という具合だ。

全部の幸せをキャッチするようなイメージではないのがミソだ。

全部をキャッチしようとすると無理が生じると私は思っている。

30%くらいキャッチすると思うと、気楽にできないだろうか?

 

100%幸せだったこと思いを再現したり、追い求めるのもやめたほうがいい。
過去と比較しても意味はない。
あの時の方がよかったと囚われるのも、自ら幸福を手放しいるようなものだ

 

また、30%だと嫌な出来事にあったときにリカバリーしやすい。

30%だからわずかでいいので、いい気分に戻るのも容易だ。

 

 

では、残りの70%は何かというと、ずばり私は空白をイメージしている。

 

え?と思った人もいるかもしれないが、いい気分以外の残りはすべて悪い気分にする必要はないだろう。

 

0か100は極端すぎる。

 

なので、できれば30%のいい気分を持続させたいという気持ちを持ち、残りは意識しないようにしている。

空白という言葉がぴんと来なければ、自分にとって当てはまりやすいいい言葉を探してほしい。

 

ただし、ネガティブなワードにはしない方がよいだろう。

 

いかがだろうか?

30%なら幸せな気分になれるかもしれないと思ってくれたら幸いである。

ぜひ、幸せな気分を持続し、幸福になってほしい。

クア・アイナ ららぽーと TOKYO-BAY店

f:id:nozomi0224:20190910094122j:image

 

がっつりハンバーガーを食べるなら私はここが好きだ。

 

何といってもハンバーガーのボリュームが違う。

マクドナルドやロッテリアも好きだが、ハンバーガーを食べたいという欲求を満たしてくれるのはクア・アイナが一番だ。

 

クア・アイナは「田舎者」という意味です。

ハワイ発祥のハンバーガーで1975年に創設され、1997年に日本にも店舗を構えました。

 

クア・アイナの特徴はバンズの変更ができるところと、トッピングの多さにあります。

トッピングではパインやアボガドもあり、それらを組み合わせると日々違った味が楽しめます。

 

チーズもいくつか種類があり、好みに合わせてオリジナリティを出せるところが非常に素晴らしいと思っています。

 

セット料金で1500円ほどで少し割高にも感じますが、満腹まで食べられますし、その日の気分に応じてトッピングを変える楽しみもあるので、私は満足しています。

 

ポテトは日本のものより細く、食べやすいです。ハンバーガーのボリュームがすごいので、ポテトはこれくらいがちょうどいいのかもしれません。

 

がっつりハンバーガーが食べたくなったらぜひ寄ってみてください。

毎日更新行います。 よければ読者登録お願いします!